TABI LOG

国内旅行・海外旅行・レジャー等の旅の記録。

tabilog_pc

タイ旅行記【番外編】タイの基本情報・バンコクのオススメ観光地・旅の必需品まとめ

 

 

これから初めてタイへ行くんだと言う方や、

いやいや二度目・三度目だよという方…

こんにちは!

今年のGWに二度目のバンコクに行ってきました!

日本も年々暑くなっていますが、バンコクも2年前よりもはるかに暑かったですよ~!

気温は何度くらいまで上がるのか?一年中暑いのか?雨が降る時期は?オススメの観光スポットは?ホテルはどの辺にとれば間違いないか?絶対に持って行った方が良いものは?

などなど!

一挙まとめてお送りしたいと思います!

タイ旅行記【番外編】タイの基本情報・バンコクのオススメ観光地・旅の必需品まとめ

 

 

タイ(バンコク)の基本情報

日本から直行便で約6~7時間の距離にあるタイ。

タイの正式名称は『Kingdom of Thailand(タイ王国)』、首都はバンコクです。

人口は約6900万人で日本の約半分くらい!

日本と同じ仏教の国ですが、国民の95%が仏教徒でタイ全土に「ワット(=寺)」と呼ばれる仏教寺院が約30万人、そして約30万人の僧侶がいると言われているそうです!

その為バンコク市内にも大きな寺院が沢山ありますし、アユタヤにも世界遺産として残される寺院が数多くあります。

生活習慣やマナーも仏教と深く関わるものが多く、この『仏教の国』というのがタイの見どころでもあります!

 

日本とバンコクの時差は…日本よりマイナス2時間!

バンコクと日本との時差は2時間でタイの方が2時間遅れています。

なので日本が正午の場合はタイは午前10時です! 時差ボケにならなくていいですね◎!

 

バンコクのベストシーズンは?気温と降水量!

バンコクは一年中が夏!ですがザックリと3つの季節に分けられます。

・11月から2月は降水量が少ない乾季
・3月から5月は一番暑い暑季
・6月から10月は最も雨が降る雨季

暑すぎず、雨も殆ど降らない11月から2月の乾季が旅行のベストシーズンです!

特に雨季は9月、10月は一日に数回の激しいスコールが降ります。

では暑季はどうなのかと言うと…

タイ(バンコク)の気温と降水量

 

バンコクのゴールデンウィークの天気は…めちゃくちゃ暑いけれど雨は少ない!

実際に2度バンコクに訪れたのはどちらもゴールデンウィークの時期、5月の頭です。

上記の図で見ると5月は降水量が多めになっていますが、ゴールデンウィークの5月頭くらいだと雨はそこまで多くありません。降ったとしても1日中降られることはありませんでしたし、酷いスコールもありませんでした!

ですがこの時期は暑季といわれるだけあってかなり暑いです!体感温度は40度!熱さで体力を奪われるほど!特にバンコクはこの時期は旅行客で混むので、市内の船移動などは暑さと人でかなり疲れます。適度な休憩と水分補給が必要になります!

 

タイの物価はものによりけりで日本と同じかそれよりも安い!

タイの物価は一口には言いにくいのですが、ものによって大きく違います!

例えばこんな感じです!

電車 公共交通機関
 電車初乗り 15THB(=約50円)
 水上バス 15~20THB(=約60円前後)
タクシー タクシー  
 メーター初乗り 35THB(約115円前後) 
 空港~市内ホテルまで 400~600THB(約1500円前後)
マッサージ マッサージ
 1時間 150~200THB(650円前後)
飲み物ソフトドリンク
 コーラや水 15THB(約50円前後)
 瓶ビール 35THB(約115円前後)
屋台ご飯 屋台ご飯
 50~100THB(約250円前後)
レストラン レストランご飯
 150~200THB(約550円前後)

ご覧の通り公共交通機関と飲み物はかなり安く感じます!ビールも日本のソフトドリンクくらいの値段で買えます。

ですが、タイでも徐々に物価が上がっているようで、タクシーもそこまで安くは感じませんし、レストランに至っては日本と変わらないか若干安いくらいです!

特にご飯の値段は2年前より上がった印象が強かったです。

 

 

 

バンコクのオススメの観光地は?

まずはバンコクのマップとバンコクに何があるのかを現したものをご覧ください!

このマップ内にあるものだったら難なく行ける範囲に観光スポットがあります!

バンコクのマップと観光地図・船電車路線図

※クリックして拡大・保存して現地で役立ててください!
※間違いがや内容が変わっていても責任は負いかねます…
※商用利用したい方は使っても構いませんが必ず記事URLを付けてください

 

オススメ観光地①寺院エリアで有名なお寺を散策しよう!

バンコクオススメ観光地:ワットポー

バンコクは仏教の国なので是非有名なお寺に足を運んでみてください!

バンコク内にも『ワットアルン』『ワットポー』『ワットプラケオ&王宮』の迫力のあるお寺がありますし、この3つは近いので一緒に周るといいと思います!

私は公共の船で移動しましたが、船料金だけでも往復150円前後で行くことができました!

そして最近タイで話題のエメラルド寺院『ワットパクナム』もこの3つの近くではありませんが、地図を見た限り自力で行ける範囲にあるので、行ってみるのも良いと思います!

 

オススメ観光地②夜遊びスポットと言えば『アジアティーク』!

バンコクオススメ観光地:アジアティーク

バンコクの夜のホットスポットは『アジアティーク』です!

2年前には完成されていて人も多くとても楽しかったですが、今年に行った時には更にパワーアップしていて2回目でも楽しめました!

タイを代表する食べ物屋・屋台も集結していますし、ニューハーフショー・ムエタイもここで見ることができます!そしてお土産屋さんがかなり多く、手頃な値段のタイのお土産、ばら撒き土産もあるので本当にここ1つで色んなことができるのです!

バンコクに行くなら絶対に1日は行くべき!!

 

オススメ観光地③ナイトマーケットと言えば『ロットファイ』!

ビルからの眺めがフォトジェニックな『ロットファイシーナカリンナイトマーケット』もバンコクでは外せない夜遊びスポット! 

残念ながら私は行けなかったのですが、ここも電車を乗り継いで行ける範囲です◎!

アジアはナイトマーケットが楽しいですし、レストランよりも安い値段でご飯が食べられるので是非行ってみてください!

 

オススメ観光地④川辺で激安マッサージを!

バンコクオススメ観光地:激安マッサージ街

バンコクは年中暑くてすぐにヘロヘロになりますが、そんな時に良いのが『マッサージ』!

街を歩けばすぐに見つけられるほどバンコク内にもマッサージ屋は多いです!

大体安いところでも1時間120バーツするのですが…なんと未だに100バーツの激安マッサージ屋に行ってきましたよ!しかも川沿いにあるのでロケーションも最高!

是非こちらにも行って見てください!

 

その他の観光地はバンコクから遠いのか!?

上記マップに乗っていない観光地、例えば『メークロン市場』『水上マーケット』『アユタヤ遺跡』『象乗り』等…これらがバンコクからどれくらいかかるかと言うと車で一時間ほどの距離にあります。(メークロン市場・水上マーケットはバンコク南西部、アユタヤ遺跡はバンコク北部です)

なので交通機関で行こうとすると結構大変です!

オススメは日本語ガイド付きのワゴン車を一台チャーターして好きに周るか、もしくは上記観光地を1日で周れる日本語ガイド付き現地ツアーに参加することです!

私はこのツアーに2度参加しましたが、2度目でも楽しめるくらい濃い内容になっていてかなりオススメ!

チャーターする場合はこちらだと↓ 一人1400バーツなのでこちらの方が安いです◎!ですが上記ツアーでも朝6時出発→夜19時ホテル着なので、ある程度予定を立ててガイドさんに周れるか相談した方が良いと思います◎! 

 

 

 

バンコクでホテルをとる時のオススメエリアは?

初めてだとどの辺りのホテルをとっていいか迷いますよね!

基本的には『駅周辺ホテル』が移動する時に便利です!そしてバンコクでオススメしたいのは『川沿いホテル』です!

それでは地図をご覧ください!

バンコクマップ・地図・ホテル

 

ホテルオススメエリア① ラグジュアリーな川沿いホテル!

バンコクオススメホテル:チャトリウムホテル

バンコクと言えば『チャオプラヤ川』ですが、その周辺は煌びやかで夜になると本当に綺麗!(夕日も最高です◎!) その美しさを堪能できるのが川沿いのホテルです!

マップにも川沿いの超高級ホテル『シャングリラホテル』『マンダリンオリエンタルホテル』『シェラトンホテル』『ヒルトンホテル』を載せていますがどれをとっても素晴らしいこと間違いなし!

しかもこの川沿いのホテルは必ず『サトーン船着き場』までのホテルの送迎ボートが出ているのでアクセスにも便利なのです!(シャングリラホテルは『サパーンタクシン駅(サトーン船着き場)』がすぐ側ですが、それ以外のホテルはちょっと距離があります)

ですが、もしこの超高級ホテルは手が届かない…それでもちょっと背伸びしたい!なんて方は『チャトリウムホテルリバーサイドバンコク』がオススメ!

こちらのホテルは上記のように『高級』ではありませんが十分に『高級』であり、上記ホテルよりもリーズナブル、美しい庭や眺めの良いプールもあり、朝食が種類豊富で美味しく、スタッフが優しいホテルです!(ホテル送迎ボート有!)

2度泊まるほどのオススメホテルですよ!(上記写真はこのホテルから撮ったものです!)

マップでみるとこの『チャトリウムホテル』の更に下にある『ラマダプラザホテル』も『チャトリウムホテル』と同じ価格帯のホテルです!ホテル専用送迎ボートもあります!このホテルからだとアジアティークも近く、恐らく歩いても10分程なのでオススメですよ!

 

ホテルオススメエリア②駅周辺はどこへ行くにも便利!

言わずもがな『駅周辺』はオススメですが、特に推したい場所は船移動にも便利な『サパーンタクシン駅(サトーン船着き場)』周辺!

この辺りだと船で寺院エリアやカオサン通りにも行けますし、電車に乗るにも便利!この駅周辺の『チャルンクルンエリア』には食べ物屋(屋台やレストラン)も多く、デパートもあるので、兎に角不自由しません!

次にオススメなのが『シーロム駅』『サラデーン駅』周辺!この辺りにも超高級ホテルが立ち並びますが、タイにはホテルが山ほどあるので、良い値段のホテルも見つけられるはず!

ホテルはこの辺りで探すと間違いないです◎!

 

 

 

タイに持っていきたい旅の必需品!

 最後にタイでは欠かせない必需品を載せて終わりにしたいと思います!

タイは一年中暑いの暑さ対策が必要ですし、電圧が違うので変圧器が必要、それとフライトも若干眺めだからフライトの準備もしなくては…!!

色々あるので箇条書きにしたいと思います!

 

変換プラグと変圧器  必要度★★☆

日本と他国では電源の差し込み口の形が違う場合があります!その場合に必要になるのが『変換プラグ』!ですが、タイは日本と同じ『Aタイプ』か、もしくは『BFタイプ』『Cタイプ』です。殆どが『Aタイプ』が使えるようなのですが、まれに使えないホテルもあるようです。念のため持って行った方が安心です!

『変圧器』はものによって必要になる場合があります。日本が100Vでタイは220Vなので電圧が違うからです!

最近の携帯の充電器は各国の電圧に対応するように作られているのでそのまま使っても大丈夫な場合が多いようです!(iPhoneは全く問題ありませんでした!)

アダプタに「100-240V」などの表示があればそのままで使えます!

ですが気を付けたいのが日本製のドライヤーやヘアアイロンです。こちらは対応しているか確認が必要で、もし非対応の場合には変圧器を持っていく必要があります!

 

流せるタイプのポケットティッシュ 必要度★★★

やはり海外で不安なことと言えばトイレ!ですが有難いことにタイのトイレの殆どは紙を流してもOKです!唯一、田舎やガソスタにあるような付近に水と桶が置いてあるタイプのおトイレは紙を流してはダメ!

それともう一つ気を付けたいのが、タイの配管は日本よりも細いので、大量に流すと詰まってしまうこと!流す時はブツも紙も少量を心がけましょう!

そして外のトイレは紙がないこともあるので、流せるタイプの携帯ティッシュがあると非常に便利です!便座が汚れていることもあるので、兎に角ティッシュは必需品です!

 

ポケットWi-Fi  必要度★★☆

もし旅慣れしていない場合でしたら必要度は★★☆、旅慣れしている場合の必要度は☆☆☆、です!

というのも殆どのホテルでWi-Fiが使えるからです!出かける前に出かける場所の位置を確認しておけばさほど必要になることもありません!とは言え、今回の旅では電波が必要になることもあったり…そんな時はタイは英語が通じにくいので、あった方が便利でもあります。

臨機応変に対応できるタイプの人や旅慣れしている人はなくても大丈夫ですし、不安だと思う人は持っていけばいいかなと思います!

 

ネックピロー  必要度 ★★☆

ネックピローとは飛行機の中で活躍する首を安定させる枕です!

日本からタイまでは約6~7時間。中くらいの長さです。 日系の飛行機なら枕がついているのですが、実は枕は首と腰の両方ある方が大勢が整って楽なのです!

3~4時間くらいだったら我慢できる時間なのですが…それ以上はあった方が疲れが少なくて良いですよ!

 

 洗濯洗剤少量パック  必要度★★★

 旅先で洗濯なんかしないよ~!って思う方もいるかもしれませんが、タイでは洗濯するんですよ!絶対する!!

灼熱の国ではホテルに帰る度に着替えますからTシャツ何枚あっても足りないです!(タオルも!)

なのでこれは持っていくべき…! きっと役に立つ…!

 

 Tシャツと長ズボンもしくはロングスカート  必要度★★★

タイは暑すぎる国ではありますが、建物内が寒すぎることはあんまりありません!そういった意味では服装はなんでも大丈夫なのですが、問題はお寺です!

タイのお寺は殆どが『足を出すこと』と『肩を出すこと』が禁止されています!お寺に行くときは下半身はひざ下まで隠れるようにしなくてはいけませんし、トップスはTシャツであれば大丈夫です◎!

Tシャツを持っていくことと、現地でタイパンツを購入するのをオススメします!タイパンツは可愛いだけでなくて、薄い生地でできていて涼しいのと汗をかいてもくっつきにくいのでタイにもってこいのパンツなのです!100バーツ(300円ちょっと)で買えるので是非!

Tシャツは男女共にヘインズのものが値段良し・生地良し・形良しで私は大好き!

 

酔い止め 必要度★★☆

薬で持って行った方が良いのはまず酔い止めです!

タイの場合は船移動がありますし、船はえげつない煙を出すので気持ち悪くなることもあります!酔いやすい人は絶対に持って行く方がいいです◎!

↓私はいつもトラベルミンを買いますがこれは酔ってからでもすぐ効いて、一日持つのでオススメです!

 

 バファリン 必要度★★☆

激暑の中に外に出っぱなしになったり、普段しない遊びをすると体力を消耗して、頭痛等を引き起こします。 バファリンは絶対に役に立つ◎!

絆創膏  必要度★☆☆

いざ!という時の為に◎!

 

 

 

以上、タイの基本情報と旅の必需品まとめでした!

 ちょっと長くなってしまいましたが、これを読んだだけでもタイのことがちょっと分かったのではないでしょうか!?

とにかく暑くて朝から夜まで楽しめて、煌びやかで面白い国、タイ!

抜かりなく準備をしてハチャメチャに楽しんできてください!!!

 

 

 

>>タイ旅行記

  ①空港から市内ホテルへのタクシーの乗り方とボッタクられるどころか相場よりも安乗りしたハナシ
  ②バンコクでオススメの川近ホテル!2度目のチャトリウムホテルリバーサイドバンコク宿泊記
  ③ワットアルン・ワットポーへ自力で行ってきた!行き方・入場料・服装を簡単解説!
  ④バンコクで最安値!? 激安マッサージ街へ行ってきた!チップと値段は…?
  ⑤ タイ現地ツアーでメークロン市場・水上マーケット・象乗り・アユタヤ遺跡を観光してきた!
  ⑥タイのおいしいローカル飯『ムーガタ』を食べてきたよ!
  ⑦カリプソキャバレーでニューハーフショーを見てきたよ!写真や動画を大公開!
  ⑧アジアティークへの行き方や園内地図、オススメのお土産・グルメ・レストランを紹介!
  【番外編】タイの基本情報・バンコクのオススメ観光地・旅の必需品まとめ