TABI LOG タビログ

国内旅行・海外旅行・レジャー等の旅の記録。

tabilog_pc

ゴッホ展(東京)に行ってきた!展示作品・混雑状況・感想

 


 

普段美術館へは滅多に行かない私ですが、

この秋には1つだけどうしても見たい展示がありました。

それが

『ゴッホ展』

 

ふとしたきっかけで見たゴッホの絵。

美しい青と黄色に魅了されてしまい、もっとゴッホの絵が見たくなったのです!

そしてなんと運よく今年の10月から上野でゴッホ展をやるというので心待ちにしておりました!

足を向けるのが少し遅くなってしまいましたが、ようやく見ることができたので

今回は…

f:id:natsupocha:20191110182413p:plain ゴッホ展にはどんな絵が展示してあったか(作品名一覧)
f:id:natsupocha:20191110182413p:plain ゴッホ展を見た純粋な感想
f:id:natsupocha:20191110182413p:plain 混雑状況
f:id:natsupocha:20191110182413p:plain ゴッホ展で買ったグッズ

を書きたいと思います!

それではどうぞ!

ゴッホ展(東京)に行ってきた!展示作品・混雑状況・感想

 

 

 

2019年東京・上野の森美術館
ゴッホ展 

2019年東京・上野の森美術館 ゴッホ展

 2019年10月半ばから2020年1月半ばまで約3ヵ月間、上野の森美術館で開催されるゴッホ展。

展示内容はゴッホが描いた作品約40点、そしてゴッホが画家として活動した約10年間に影響された"ハーグ派""印象派"を代表する師匠たちの作品約30点が展示されています。

私は冒頭でも書いた通り、美術館には滅多に行かないほど、美術に関してはド素人です。

なのでこのゴッホ展に対する感想も"一素人の意見"として受け取って頂ければと思います。

 

ゴッホ展(東京)
概要

場所:上野の森美術館
展示日:2019.10.11(金)~2020.1.13(月/祝)
休館日:12.31(火)、1.1(水/祝)
開館時間:9:30~17:00 (金・土曜は20:00まで)
観覧料金:一般 ¥1800  /  高校・専門・大学生 ¥1600  /  小・中学生 ¥1000
公式HP:【公式サイト】ゴッホ展 2019-2020 東京展と兵庫展を開催

 

 

ゴッホ展(上野の森美術館)
アクセス

JR上野駅『公園口』から出て道路を渡り、公園内を左側へ進むとすぐ上野の森美術館です。

▼住所

110-0007 東京都台東区上野公園1-2

 

 

ゴッホ展
チケット情報・チケット売り場

ゴッホ展 チケット情報・チケット売り場

上野の森美術館入り口にチケット売り場があります。

窓口は3つあるのですが現在は東京展の前売り券を販売していないこともあって、チケット売り場には列ができていました。

又、このチケット売り場では現金のみでクレジットカードは使えませんでした。

なので、チケット売り場と値段は変わりませんが、予めコンビニや公式オンラインチケットでチケットを購入しておくことをオススメします!

 

兵庫展は前売りチケット販売中

東京展では前売りチケットの販売は終了していますが、2020年1月25日から開催される兵庫展は2020年1月24日(金)まで前売り券 ¥1500で販売されます!

前売り券の方が当日券よりも300円も安いですよ!

なのでもし兵庫展に行く方は前売り券を買っておくことをオススメします!

チケットぴあをCHECK

  

 

 

ゴッホ展(東京)
展示作品

まず感想に進む前に、ゴッホ展の展示作品の紹介です。

展示作品は公式ホームページにも数点、画像付きで出ていますが、全てではありません。

作品名のみになりますが、↓こちらが展示作品の一覧です。ファイルが大きくなってしまうので、2つに分けてアップロードします。

予め出典作品を確認したい方はこちらをダウンロードしてチェックしてください。

(こちらの画像はファイルサイズを落としているので文字が荒くなっています。)

 

ゴッホ展作品一覧

▶ゴッホ展作品一覧1をダウンロード

 

ゴッホ展作品一覧2/2

▶ゴッホ展作品一覧2をダウンロード

 

 

 ゴッホ展個人的な感想
「代表作が少ない」

ここからは実際にゴッホ展を見に行った私(素人)の感想です。 

まず一番に感じたことが『ゴッホの代表作品が少ない』と言うことです。

なかった作品を上げるとすると…

★ゴッホ展になかったゴッホの代表作
・ひまわり ・星月夜 ・夜のカフェテラス ・ローヌ河の星月夜 ・エッテンの庭の思い出 ・アルルのはね橋 ・鳥の群れ飛ぶ麦畑 ・夕日と種まく人 ・ジョセフルーランの肖像 ...

この特に見たかったゴッホの代表作はこのゴッホ展にはありませんでした。

 

ゴッホらしい絵が完成した1887~1890年あたりで展示されていたゴッホの代表作と言えば『糸杉』くらいだったのではないかと思います。

ゴッホ展に展示してあったゴッホ代表作

ゴッホ展『糸杉』

出典:第2部 印象派に学ぶ | ゴッホ展 2019-2020

なので私のような美術素人からすると少し物足りなさがありました。 

ですけど「もうゴッホの代表作は見飽きたよ」とか「ゴッホの初期の頃から見たことがないような作品が見たい」なんて方にはたまらない展示だったのではないかと思います!

 

 

ゴッホ展で観れる
ゴッホ以外の名作

ですがこんな美術素人が見てもゴッホの絵も、ゴッホが影響された人たちの絵も、心に響くほど美しかった…!

心に響くものが誰にでもわかるようなもので恥ずかしいのですが…

例えばこの3作品。

 

『雪の中の羊飼いと羊の群れ』アントン・マウウェ

『雪の中の羊飼いと羊の群れ』アントン・マウウェ

出典:第1部 ハーグ派に導かれて | ゴッホ展 2019-2020

実際に目の前にしてみると巨大なカンバスで圧倒的な絵、そして息をのむ美しさでした…

グレーのような白が綺麗で不思議な感じがしました。

  

クロード・モネ『花咲く林檎の樹』

クロード・モネ『花咲く林檎の樹』

出典:第2部 印象派に学ぶ | ゴッホ展 2019-2020

恥ずかしながらモネの作品は殆ど見たことがなかったのですが、ゴッホ展に展示してあったモネの絵はどれも本当に美しかった…

いつかちゃんとモネも観に行こうと決意しました!

 

アドルフ・モンティセリ『陶器壺の花』

画像はありませんが...この絵も本当に凄かった!『凄い』というのは絵の具の凹凸がくっきり残っていて、全体的に暗い絵なのに花の部分がパッと明るい。

壺の下に敷かれているテーブルクロスの柄とか…

鮮明に頭に残る絵でした。素敵だった!

 

こんな感じで、ゴッホ展の代表作は少ないものの、心惹かれる絵がこの他にもいくつもあって良かったです。

自分が思っていた以上に、特に油絵は美しくて、また自分の目であの凹凸の感じとか色の置き方みたいなのをみたいと思いました。

 

 

 ゴッホ展混雑具合
金曜日の午後でもギュウギュウ 

ゴッホ展チケット

私がゴッホ展に行ったのは金曜日の午後2時頃。

外に列はできていないものの、中に入ってみると結構混雑していました。

一からゆっくりとみるのは困難で、数人の後ろから見る、たまに人が多すぎて見るのを諦めるものもある…といった感じでした。

午後に行ったのも良くなかったですが、それにしても平日だったのにあの混雑だったので…平日に行く場合でも朝一を狙っていけばよかったと後悔しました!

どうやら朝や金曜・土曜の夜は比較的空いているみたいです。
  

 

 

 

ゴッホ展グッズ
購入したお土産

最後にお土産についてですが、ゴッホ展に置かれていたお土産はこんな感じです!

 

ゴッホ展公式図録とポストカード

ゴッホ展公式図録とポスター

出典:グッズ・図録 | ゴッホ展 2019-2020

画像のものはゴッホ展全出品作品がフルカラーで載っているゴッホ展図録です。

中身はどちらも一緒で、表紙が『糸杉』か『薔薇』のデザインから選べるようです。

そして全てではないのですが、出品作品がポストカードにもなっていました。

 

ポストカード『黄褐色の帆の船』

ポストカード『黄褐色の帆の船』

私がゲットしたポストカードはこちら『黄褐色の帆の船 (ヤン・ヘンドリック・ウェイセンブルフ)』で、これも心を惹かれた作品の一つです。

ポストカードは出品作品の中の代表的なものが置かれていましたが、欲しかった『雪の中の羊飼いと羊の群れ』や『陶器壺の花』は残念ながらありませんでした…

 

 

ゴッホ展
オリジナルグッズ

ゴッホ展オリジナルグッズ

出典:グッズ・図録 | ゴッホ展 2019-2020

そしてこちらがゴッホ展オリジナルグッズです。

クリアファイルはA4サイズのものと、チケットファイル(縦長)のものもありましたよ!

あとはメモ帳や置石なんかもありました。

 

その他にもスヌーピーとコラボしているものやその他の企業とコラボしているものもありました。

 

ゴッホ展スヌーピー&その他企業コラボグッズ

ゴッホ展スヌーピーコラボグッズ

その他企業とのコラボグッズ 

 

 

プレミアム美術館『ゴッホ』本

上の『ゴッホ展公式図録』の他にもゴッホをまとめた本が3冊くらいあって、私が買ったのがこちら。

『プレミアム美術館 ゴッホ』

プレミアム美術館『ゴッホ』本

 

ゴッホの代表作が載っていたり、ゴッホの人生をまとめた本なのですが、ゴッホ初心者の私にはこれが丁度良かったです!

ゴッホ星月夜

ゴッホひまわり夜のカフェテラス

ゴッホの生涯年表

ゴッホが生きた土地ヨーロッパ

こちらは美術館でも売っていますし、ネットでも売っていますよ◎

プレミアム美術館 『ゴッホ』をCheck

  

 

 

まとめ

 以上、ゴッホ展についてでした!

 もっとゴッホの代表作を生で見たかった私としては、ちょっと心残りがあるものの...

今まで知らなかった素晴らしい作品にも出会うことができたし、肉眼で美術品の美しさを見ることができたので良かったです◎

学生の頃は美術品を見てもうんともすんとも言わなかった私の心が、大人になった今は絵一つで揺れ動くようになっていたのにもビックリしましたね…笑

なのでもし少しでもゴッホ展が気になる方は是非見に行ってみて下さい!

次はモネを見に行きたいなぁ!

それではまた!

 

ゴッホ展(兵庫展)に行かれる方は是非前売り券をチェックしてみて下さい!当日券よりも300円安く買えのでお得ですよ!

チケットぴあをCHECK

プレミアム美術館 『ゴッホ』をCheck

 

関連記事

www.tabilog723.com

www.tabilog723.com

www.tabilog723.com