TABI LOG タビログ

国内旅行・海外旅行・レジャー等の旅の記録。

tabilog_pc

2019年大曲花火大会に行ってきた!会場場所の様子・行き方・花火の写真・動画を公開

 


  

8月の夏の終わりに花火を見てきました!

日本三大花火の一つと言われている

大曲花火大会です!

大曲の花火を見るのはこれが3回目になりますが、この大曲花火大会は他の花火大会と規模が全然違います!

というのも

これは花火師たちの戦いの場でもある『全国花火競技大会』だからです!

花火師たちのプライドをかけた花火はどれも大迫力で贅沢な花火なのです!

今回はその花火の様子を踏まえて、行き方や会場の様子なども一挙公開します! 

2019年大曲花火大会に行ってきた!会場場所の様子・行き方・花火の写真・動画を公開

 

 

 

日本三大花火大会 
大曲花火大会とは 

2019年大曲花火全国花火競技大会

大曲の花火とは1910年(明治43年)から始まった100年以上の歴史ある花火大会です。

秋田県大仙市大曲地区の雄物川(おものがわ)を会場に毎年8月最終週の土曜日に開催されます。 

日本三大花火大会…全国花火競技大会(秋田県大曲市)・土浦全国花火競技大会(茨城県土浦市)・長岡祭り大花火大会(新潟県長岡市)の1つであり、かつ

日本三大競技花火大会…全国花火競技大会(秋田県大曲市)・土浦全国花火競技大会(茨城県土浦市)・伊勢神宮奉納全国花火大会(三重県伊勢市)の1つでもあります。

この競技花火大会で入選すると内閣総理大臣賞などの名誉ある賞を授与されます。

ですがこの大会に出場できるのは28社で、大会に出場するための選抜なども行われているようです。その為、レベルの高い花火が見ることができるのです!

 

  

大曲花火大会
来場者数・混雑

大曲の花火大会の来場者数は約75万人。これは日本の花火大会の中では8~9番目の来場者数です。

当日はかなり混雑するのですが、会場の雄物川付近が広いことと、しっかりとした運営・警備があるので、都内や東京近郊の花火大会と比べると比較的過ごしやすく感じます。

 

午後4時頃には会場付近の道も人でいっぱいに

大曲花火大会混雑

こちらは会場に入る前の階段で撮った混雑の様子です。午後4時頃には会場付近の道は人でいっぱいでした。

  

 

 

大曲花火大会
会場マップ・観覧席
露店・トイレ

大曲花火大会会場map座席表・有料観覧席

※クリックで拡大できます ※2019年版です。間違いがあっても責任は負いかねますのでご注意ください ※商用利用する場合はこちらのリンクURLを貼りつけてください


こちらが大曲花火大会会場マップです。

大曲花火大会観覧席は全席有料になっています。(去年までは無料の観覧席もありましたが2019年から全席有料になったようです)

このマップエリアには観覧席券を持っている人しか入ることができません。

プレミアムシート席・A席・C席・ベンチ席・イス席・有料観覧自由エリアの6種類の観覧席がありますが、一番多く割り振られているのがA席です。

↓席を予約すると1週間前くらいに人数分の観覧席券とパンフレットが自宅に送られてきます。

大曲花火大会観覧席券

今回私はA席を予約したので席の様子をご紹介します!

 

 

大曲花火大会会場
観覧席A席

大曲花火大会会場A席6ブロック30000台

こちらが今回予約していたA席6ブロックの30020からの眺めです。3~4ブロック辺りが中央になるので、少し右よりではありましたがかなり前の方の席でした!

雄物川がすぐそこにあって、対岸部分で花火が打ち上げられます。なので眺めはかなり良かったです!

 

A席の広さは6人で座ると少し窮屈…?

大曲花火大会A席広さ

A席は最大6人まで座ることができ、観覧席券も6人分送られてきます。

この1マス分は1.8m×1.8mの正方形で畳で言うと2畳分です。

1畳に3人並んで座るとあまり余裕は無いことが想像できるかと思いますが、実際にこの1マスを6人で座ると結構窮屈そうでした!

4人だとそこそこの余裕もあり、食べ物やクーラーボックスを置いても狭く感じることはなかったです。2人だと寝転ぶ余裕すらありました。

なのでA席の最適な人数は2~4人くらいかと思います!

 

大曲花火大会会場
観覧席C席

大曲花火大会会場C席

少し分かり辛いですが、こちらがC席です。

C席は2.0m×2.0mのスペースで定員が5名とありますが…恐らく木2つ分のスペースかな?こちらも写真で見る限り木の部分に3人並ぶと少し余裕がなさそうに見えますね!

 

 

大曲花火大会会場
露店エリア

大曲花火大会会場露店エリア

大曲花火大会会場露店エリア

大曲花火大会会場露店エリア金魚すくい

大曲花火大会会場には左右の端に露店エリアがあります。

マップ上で見るとかなり小さそうにも見えますが、この露店エリアも十分に広くて露店もかなり多くありました!焼きそば・お好み焼き・串などの定番から、タピオカ・レモネード・チーズタッカルビなどの流行りものまで種類豊富にありました◎

 

秋田名物『ババヘラアイス』もあった!

大曲花火大会会場露店エリアババヘラアイス

秋田と言えばババヘラアイス! 会場に着くまでの路上でもババヘラアイスはチラホラ見かけましたがちゃんと会場にもババヘラアイスが売っていましたよ!

私は路上で買って食べましたが、すっきり甘くて美味しい!しかも200円!ババヘラアイス大好きです!

ババヘラアイス

 

露店エリアは17時以降に混んでくる

明るいうちは長く並ばずに買えるのですが、17時以降は急にどこも混み始めました。なのでもし露店エリアで食べ物を買うならそれより前に到着しているとスムーズに買えると思います◎ 但しアルコール等を売っている飲み物屋は16時台でも結構並んでいました!

 

 

大曲花火大会会場 
トイレと混雑

大曲花火大会会場にはトイレはかなり多く設置されています。マップ上には記載していませんが、A席後ろ部分とC席前部分にズラッと並んでいます。

なので花火中なら並ばずにトイレを使うことができました◎

ですが、花火前やフィナーレ前、花火後は特に込み合うのでそのタイミングは避けた方が良いかもしれません。

 

トイレに紙はついていないので注意!

トイレには紙が無いので、トイレ用の紙を持っていく必要があります!それとトイレ内には懐中電灯が備え付けてありますがそれでも結構暗いです。予備の懐中電灯かもしくは携帯のライトがあると良いです◎

 

 

 

大曲花火大会
2019年 花火プログラム

ここまでも長くなってしまいましたが…ここからは花火についてです!

大曲の花火大会は大きく『昼花火の部』『夜花火の部』に分かれています。

メインの夜花火には1社ごとに『10号玉・芯入割物の部(真円を描く菊型花火)』『10号玉・自由玉の部(芯入割物と重複しない創造性のある大玉花火)』『創造花火の部(音楽と共に打ちあがる花火)』の3種類の花火を打ち上げます。

そして更にスポンサーが付いた『スポンサー花火(提供花火)』も打ち上げられるのですが、この提供花火が豪華で素晴らしいのです!

昼の部の花火が17時20分から始まり終わりが21時30分、約4時間にわたる贅沢な花火大会が大曲花火大会なのです!

 

2019年大曲花火大会
プログラム

大曲花火大会のプログラムは有料席チケットと共に無料の冊子が送られてくるのですが、転載禁止の為こちらではお見せすることができません…

ですが内容としては、大会開始の花火を含め、昼花火の部・夜花火の部はどちらも28社、提供花火が6スポンサー分と、たっぷりの内容になっていました! 

プログラムは当日大会会場やその付近の駅・スーパー等で購入することができ、一部300円です。もしくは公式サイトから出ている下記楽天ページからも購入することができるようです。

2019年大曲花火プログラム

 

2019年大曲花火大会 開始時間~打留時間

第一部 昼花火の部
 開始 17時15分 / 打留 18時
第二部 夜花火の部
    開始 18時50分 / 打留 21時30分

 

 

 

大曲花火大会
花火写真・動画

ここからは実際に見て撮った写真や動画をちょこっと載せたいと思います!

あんまり写真も動画も撮るのが下手なので迫力がないのですが…この100倍は美しくて素晴らしかったです!!

 

2019年大曲花火大会
昼花火

2019年大曲花火大会昼花火

ちょっと…これは下手すぎますね…笑 「ん?この煙…?」と思ったそちらが花火で間違いないです。笑 実際にはもっと色が付いていて面白い花火だったんです!

昼花火の良さは実際に会場に行ってご覧頂くしかありません。←

 

 

2019年大曲花火大会
夜花火・10号玉

2019年大曲花火大会 夜花火・10号玉

2019年大曲花火大会 夜花火・10号玉その2

こちらが夜花火の10号玉の花火です。まずは2つ10号玉が打ちあがって、その後に創造花火が始まります。

この10号玉の花火も1つ1つが工夫されて全部が違って美しかったです。思わず声を出してしまうような変化のある花火もありました!

 

 

2019年大曲花火大会
夜花火・創造花火

2019年大曲花火大会 夜花火・創造花火

2019年大曲花火大会 夜花火・創造花火2

創造花火は約2分間の音楽とその音楽のテーマに沿った花火が打ち上げられます。これが素敵で大好き! 写真だとちょっと伝わり辛いので動画でご覧下さい!

 

2019年大曲花火大会 創造花火 動画

 

 

2019年大曲花火大会
大会提供花火

2019年大曲花火大会 大会提供花火

そしてこちらが提供花火…創造花火を超える大迫力の花火です!

28社の演目の間に提供花火が入るのですが、提供花火のタイミングはプログラムにも書かれていないのでいつ提供花火が始まるかは当日にならないとわかりません。

ですが、『提供花火』の放送が流れると会場中に歓声が沸き上がるほど誰もが期待している花火なのです!

本当に素晴らしかった提供花火動画を2本載せたいと思います。

 

2019年大曲花火大会 提供花火 大玉連発付スペシャルスターマイン

JA全農あきた・みちのくコカ・コーラボトリング株式会社提供

 

2019年大曲花火大会 提供花火 スペシャルスターマイン

株式会社秋田魁新報社・NTT東日本秋田支店・株式会社秋田NTTドコモ提供

 

どれもこれも撮影が下手で上手に撮れませんでしたが…

本当に感動しました!空一面の花火でした…!!会場全員がこの贅沢な一時を楽しんだのです!

最後まで花火を楽しんだ後にはこんなイベントもあります

 

感動を与えてくれた花火師に
お別れの挨拶を

大曲花火大会花火師とのお別れサイリウム

大曲花火大会花火師とのお別れサイリウム

本当に大事な場面でブレる~!困 ですがお分かりでしょうか!

こんな風に会場全体でサイリウム等の光るものを振って花火師たちに感謝の気持ちや感動の気持ちを伝えて終わるのです!そして川の向こう側にいる花火師たちは赤い光でサヨナラをしてくれます。

大曲の花火大会は最後にこれをするので温かくて素敵!だから大曲の花火大会は最後まで素晴らしいのです!

本当に贅沢な一時でした。これは毎年行きたくなるなぁ~!

 

 

2019年 第93回全国花火競技大会
結果発表

冒頭にも書いた通りこちらの花火競技大会は競技大会なので、花火が終わると審査結果が出ます!

今年の最優秀賞であり、内閣総理大臣賞が授与されたのは『野村花火工業 株式会社』でした! 

 

 

 

 

大曲花火大会
会場場所・駐車場・アクセス

最後に来年行く方に会場の場所やアクセス方法等をザックリまとめたいと思います!

公式ページにも載っているのですが、分かりやすかったものを抜粋しますのでご参考にどうぞ! 

 

大曲花火大会
電車でのアクセス・道順マップ

大曲花火大会最寄り駅大曲駅

まずは電車でのアクセス方法です。

大曲花火大会の最寄り駅は『大曲駅』です。こちらは新幹線も停まる駅になっていて、花火大会当日には電車の本数も増えます。なので遠方から来る方は電車でアクセスするのが良いかもしれません。

 

大曲花火大会観覧会場への道順・周辺マップ

大曲花火大会観覧会場への道順・周辺マップ

こちらが大曲花火大会観覧会場付近のマップです。大曲駅から会場までは徒歩約20分です。少し距離がありますが、当日は道路が封鎖されてバス等も通れない為、徒歩で行くことになります。なので時間に余裕をもって行くと良いと思います。

当日は上記マップに記載しているようなリンゴマークの『アップルロード』、バナナマークの『バナナロード』等、分かりやすいように看板が掲げられるのでそれを目印に進んでください!

大曲花火大会道順目印アップルロード

大曲花火大会道順目印アップルロード

 

Google Map 全国花火競技大会会場

〒014-0057 秋田県大仙市大曲花火大橋下流河川敷

 

花火大会当日の大曲駅発(帰り) 時刻表(2019年版) 

花火大会当日の大曲駅発車時刻表(2019年版)

花火が終わるのが21時半と結構遅いのですが、それに合わせて臨時電車も多く出ています。(上記は2019年版なので注意!)

 

大曲周辺マップ(宿をとる時に)

大曲周辺マップ

上記マップは本来は車の迂回ルートマップなのですが…これを見ると大曲から近い駅が分かるので、宿をとる際の参考にどうぞ!

オススメはやはり行きも帰りも便利な大曲駅周辺!ですが宿が取れない場合は…

その他だと下記がオススメです。

・横手駅…大曲駅より電車で17分 / 320円
・角館駅…大曲駅より電車で20分 / 320円
・秋田駅…大曲駅より電車で48分 / 970円
※当日は臨時新幹線等で料金が変わる場合があるので注意

 

 

 

大曲花火大会
車でのアクセス・駐車場

大曲周辺マップルート

こちらが大曲へのルートで、例年の混雑場所も記載してあるのでご参考にどうぞ!

 

大曲周辺駐車場

大曲花火大会 車でのアクセス・駐車場

 こちらが駐車場の情報です。上記画像は↑こちらからダウンロードできます。

駐車場は大曲花火大会の公式ツイッター↓で駐車場の混雑状況を配信しています!今年の情報を見てみると、10時頃くらいまでは会場近辺駐車場に空きが見られますが、12時になるとほぼ100%埋まってしまうようです。なので、車で来る方は10時くらいまでに来るか、もしくは少し離れた場所に停めて電車で来るのが良いのかもしれません。 

twitter.com

 

河川敷テント泊が2019年から禁止に

2018年まではキャンピングカー等で来場し、河川敷でテント泊&花火鑑賞が可能だったのですが、2019年にはゲリラ豪雨が発生したため安全面を考慮してテント泊が禁止になったようです。

 

 

 

大曲花火大会
観覧席予約方法・値段・ツアー

観覧席の予約方法と、大曲花火大会のツアーについてです!

 

大曲花火大会
観覧席予約方法

 観覧席の予約方法には『インターネット予約』と『直接販売』の2通りあります。

オススメは『インターネット予約』です!何故ならインターネット予約には抽選が無く、先着順で観覧席を予約することができるからです! ※直接販売は抽選があります。

2019年は6月7日(金)10:00~予約開始になりました。予約開始日と同時に予約をしたので今回は良い席を取れたのかもしれません!

ネット予約は公式ページから↓

直接販売(抽選有り)は秋田県大仙市大曲の大曲商工会議所会館で行われるようです。詳しくは上記公式ページをご覧ください。

 

 

大曲花火大会
観覧席の場所と値段 

大曲花火大会  観覧席の場所と値段

★大曲花火大会観覧席値段
・プレミアムシート(イス年間セット券) 1席14,000円
・A席 定員6名 23,000円
・C席 定員5名 15,000円
・ベンチ席 定員3名 12,000円
・椅子席 1名 3,000円
・有料自由観覧エリア 1名 1,000円
 

 プレミアムシートとは

大曲の花火大会は季節ごとにあります。春はGWの時期、夏は8月最終週の土曜日、秋は10月2週目の土曜日、(冬はスキー場で開催されますがこちらは含まれません)…この3つの花火大会を見れるイス席のチケットです。席はど真ん中で場所も良く、舗装された場所なのでぬかるみもないようです。大曲付近に住んでいる方は良いですね!

 

オススメは断然A席!

値段は少し高めではありますが、オススメは絶対A席です!というのも、一番は距離が近いこと。ずっと上を見ることになるので首はちょっと痛くなるかもしれませんが、それほど近くで花火を見ることができますし、空一面の花火を見ることができます! 

C席は下の方に上がる花火が見えづらかったり、ベンチ席・イス席・自由観覧エリアは端に寄っているので少し見えづらい部分やバランス良く見れない場合があります。

なので4人以上で参加する場合はA席がオススメ!

 

 

 

大曲花火大会
電車&バス+宿付きツアー

秋田県外に住んでいる人は電車やバス等の交通機関と宿、そして花火観覧席付きのツアーがオススメです!

クラブツーリズムはバス+観覧席+宿が付いています。開場近くまでバス移動なのでかなり楽そうでした…! この花火大会は特に帰りが酷く混むので、その帰りの移動がバスに乗るだけで宿に行けるのはポイントが高い!

 

 こちらのJTBのツアーは最寄り駅(大曲駅)までの新幹線+観覧席+宿が付いているのでこれも他県だったらかなりオススメ!

【JTB】東北夏祭り&花火大会

 

 

 

大曲花火大会
当日の持ち物

最後に持って行くべき持ち物を記載して終わりにしたいと思います。秋田の大曲は気候が変わりやすく、晴れの予報でも大曲だけ雨が降ることもあります!また東北なので夜は肌寒かったり… 是非参考にしてください!

 

持ち物①
レジャーシート&座布団

レジャーシートは必須です!A席は板張りされていますが、濡れていることもあります。C席や有料自由観覧席は芝生の上になるので必ず必要になります。

★レジャーシート推奨サイズ
A席 180cm × 180cm (2畳用)
C席 200cm × 200cm

又、この花火大会は約4時間と長いので座布団もあった方がお尻が疲れなくて良いですよ!

 

 

持ち物②
雨具&雨靴

特にカッパは一人一枚備えがあると良いかもしれません。地元の人ほど雨具の備えをするほど大曲は雨が降りやすい場所なのだそうです。当日も晴れの予報だったのに強めのお天気雨が降りましたし、春の大曲花火の時にも雨に降られました…。なので必ず雨具は準備して行くべきです。(花火の灰が降ってくることもあるので、それが嫌な方はカッパを被ると良いです◎)

又、河川敷周辺はぬかるんでいる部分が多いので長靴、もしくはスニーカーで行くことをオススメします!

 

 

持ち物③
羽織もの

8月最終週の秋田は夜だと肌寒いです!長時間外にいることになるので必ず羽織ものが必要になります。サンダルで行ったところ足先も冷えたので、もしサンダルで参加する人は靴下もあった方が良いかもしれません◎(スニーカー推奨!)

 

 

持ち物④
ペンライト

河川敷周辺や大曲の道路はライトや街頭がなくて真っ暗な部分もあります。又、トイレの中も備え付けの懐中電灯はありますがそれだけだと暗いです。なのでペンライトがあると良いです◎

 

 

持ち物⑤
流せるティッシュ
ウエットティッシュ

トイレに備え付けの紙はありません。なので流せるタイプのポケットティッシュを持っていくのをオススメします。

そしてトイレ付近に水道等はありません。つまりトイレ後に手を洗うことができません!河川敷だと汚れることもあるのでウエットティッシュがあると重宝します◎ 

 

 

持ち物⑥
サイリウム

こちらは花火師さんたちとのお別れの時に使います。キラキラ光るサイリウムを振って花火師さんに感謝の気持ちを伝えましょう!

 

 

 

まとめ

以上、大曲の花火大会についてでした!

長くなってしまいましたが、もし秋の大曲花火大会や来年の春&夏の大曲花火大会に行かれる方は参考にしてみてください!

大曲の花火大会は本当に素晴らしいです。こんなに心に残る花火は無いんじゃないかと思うほどです。

2019年は終わってしまいましたが、是非来年2020年やそれ以降でも参加してみてください!

 

【JTB】東北夏祭り&花火大会