TABI LOG

国内旅行・海外旅行・レジャー等の旅の記録。

tabilog_pc

ムンバイ 旅行記①ムンバイの街並み写真全部お見せします!

 

 

こんにちは始めまして。

2018年の9月にインド(ムンバイ)を旅したNatsumiです!

 

この記事に辿りついたアナタはきっとこれからムンバイへ向かう方なのでしょう…

「怖いな不安だな」

そう思っているに違いない!!

はじめに一言物申します

 

インドは日本と540度違う!!

 

…意味がわかない、そう思うかもしれません。

しかしこれが私の実際に行って思った感想でありました。

ムンバイは…

意味がわからないことだらけだった!

間逆どころか1回転以上日本と違った!!

でもそれがムンバイ!

一生日本に住んでいても起こらないことがムンバイでは簡単に起こり得てしまうのだから!

つまり…

夫は足を突っ込んだのです!

牛のフンの山に!!

ムンバイで牛のフンに足を突っ込む

(カラー写真はえげつないので後ほど。)

 

さて前置きはこの辺にして実際に歩いて撮ってきた数百枚のうち、厳選された写真をご覧頂きましょう!

安全な日本から眺める写真一枚一枚が味わい深く、面白い。

これがディープ・ムンバイだっ!!

ムンバイ 旅行記①ムンバイの街並み写真全部お見せします!

 

 

 

ヘビィトラフィックジャム・ムンバイ

Heavy Trafic Jam = 酷い交通量!

ご存知インドはとてつもなく人口の多い国であります。それに伴いこれまたとてつもないのが交通量!

「東京も多いじゃん」と思ったアナタ!舐めてもらっちゃ困る!

インドは車が多すぎて白線が消え失せているほどなのだから!!(赤信号になると車線を無視して詰められるだけ詰めるのがムンバイ流。)

そんなムンバイの交通状況を知るちょっと前。

空港からホテルに向かうタクシーでムンバイの洗礼を受けたのです…

  

探してもないよ!シートベルトの受けとめる方!

まさか、と思ったアナタ!そのまさかです。私たちも理解できませんでした。タクシーの運転手に「まぁ…大丈夫!へへ」って言われるまでは!

なんと、シートベルトのあのガチャってやつ、そう、受けとめる方が無かったのです!!

インドのタクシーは受け止め口がない。

ちょ…え?ない?本当にないの??(本当にない)

「無いのが当たり前」みたいな涼しい顔をして車を走らせる運転手に震える私たち。

この後、ムンバイには無いものだらけだと気付くことになるのです…

 

交通ルールは無いに等しい

語り出せばキリが無いのでここは箇条書きにさせて頂きましょう。

嘘だと思うかもしれないですがこれが2018年現在のムンバイです。

・「クラクション禁止マーク」は無意味。鳴り止まないクラクション

f:id:natsupocha:20190128132448j:plain

クラクションは青信号になった時の合図らしい

 

・橋の上の「写真禁止」も同様に無意味

橋の上で日本人との記念撮影をしてニヤニヤする運転手

橋の上で日本人との記念撮影をして嬉しそうなドライバー(憎たらしい笑顔)

 

・ヘルメットは、まぁ…しててもしなくても◎

f:id:natsupocha:20190128132701j:plain

何たる無防備!!

 

・こんな暑い国で車のクーラーはあったりなかったり

f:id:natsupocha:20190128132843j:plain

窓が開いているのは大体クーラーが付いていない車

 

・高架下で商売する人たち

高架下に住む人達

生活している人もいた

 

そして赤信号で車が止まると共に物乞いを始めるお爺さんもいました。(私たちは外国人だったので見るなり去っていった)

インドは日本以上に貧富の差が激しく見えました。

 

↓こちらは私がタクシーの中から撮ったムービーです。街の様子がわかるかと思います。

youtu.be

 

 

 

神の住む国、インド

お次にビックリしたのが宗教。

勿論インドがヒンドゥー教・イスラム教の国だという事は知っていましたが街にもそれが現れていました。

ですがムンバイの場合は祀り方が斜め上。

「…なんかすごい音(デジタル音)するよね」と見た先にはド派手な祭壇場所があったのです…

これはインド門近くの祭壇代。ショッキングピンク。

これはインド門近くの祭壇代。ショッキングピンク。

 

絵面としてもうるさいですがこの場にいると音もうるさい(こんな事言っちゃいけない)。私たちが行ったシルバーウィークのあたりは丁度ヒンドゥー教のお祭りの時期だったようで、特に騒がしい時期だったみたいです。

夜には楽器を叩き、踊りながら街を練り歩いていました。

youtu.be

 

このド派手タイプの祭壇場所は恐らくこの時期の特設会場みたいになっているものらしい(多分)のですが、これ以外にももっと小さな祭壇台が街や道路に見かけることがありました。

これがガネーシャかぁ~

これがガネーシャかぁ~

 

この時期は夜でも外は楽器の音と踊る人達で歩いているだけでも楽しいのですが、祭壇台の周りもこんな感じで賑やか! ↓これが日本でいう鳥居です。

キラキラしたこの門の先にも祭壇台が

キラキラしたこの門の先にも祭壇台が

 

神様のフンに足を突っ込んだ日

インドの神様はこれだけじゃありません。です。

何故牛が聖なる動物なのかというと、神様(シヴァ)の乗り物だからだそうです。日本でいうお稲荷さん(狐)みたいな感じですね!

さてこの牛がムンバイにどのくらいいたかというと…意外にもそんなにはいませんでした。たまに見るくらいです。

インドの神様(の乗り物)、牛!

インドの神様(の乗り物)、牛!

 

この写真の他に1,2回見たくらいです。

男の人の後ろにも牛!(それよりも鳥の量がえげつない)

男の人の後ろにも牛!(それよりも鳥の量がえげつない)

 

さて牛は思ったほどいなかった印象なのにその時は訪れました…

インドの街並みをカメラに収めている時、隣から

『べちゃぁ!』

という音が…

振り向くと何故気付かなかったのか不思議なくらいのフンの山に足を突っ込んでいる夫がいました。笑

牛のフンに足を突っ込む2

インド人も笑ってた。笑

ティッシュやウエットティッシュを多めに持っていて良かったです。

この後ものすごいスコール(雨)が降り、雨宿りしていると物乞いのお爺さんに声をかけられ、なんともカオスなひとときを過ごすこととなりました。

 

 

 

古いけど心を惹かれるムンバイの街並み

山みたいになっていた牛のフンに何故足をとられてしまったか。

それはムンバイの街並みがそれほど美しかったからです!

どれも古いのですが、日本とは全く違うその姿に心を惹かれました。ムンバイはイギリスの植民地だったのでその時代に建てられた建物が西洋風で美しいのです。

ムンバイ街並み1

この自転車『はだしのゲン』で見たことある!

 

ムンバイ街並み2 西洋風な家

西洋風で可愛い!

 

インドらしい古くてゴチャッとしたマンション

インドらしい古くてゴチャッとしたマンション

 

青いビルの2階の扉が可愛い

青いビルの2階の扉が可愛い

 

窓には鳥よけの柵がしてある

窓には鳥よけの柵がしてある

 

ヨーロッパみたいな建物!

ヨーロッパみたいな建物!

 

なんてことない街並みが面白い!

なんてことない街並みが面白い!

 

 

 

ムンバイの様々なお店

街はこんな風にどこも古くて日本とのあまりの差に見とれてしまったのですが、その道中にはお店も見かけました。

最近できただろうお洒落で綺麗な看板のお店から、道中にあるのにめちゃめちゃ混んでいる屋台まで様々でした。

まだ新しい綺麗でお洒落なお店

まだ新しい綺麗でお洒落なお店

 

こちらは私も食事をした『CAFE MONDEGER』

こちらは私も食事をした『CAFE MONDEGER』

 

マックもあった!

マックもあった!

 

屋台が連なっているご飯屋さんの通り

屋台が連なっているご飯屋さんの通り

 

激混みの路上の屋台

激混みの路上の屋台

 

この屋台は女性からも人気

この屋台は女性からも人気

 

 

 

ムンバイで一番の観光スポット、インド門はこんな感じ!

ムンバイはあまり観光地として一番に上げられるのが『インド門』。海辺にある大きな門で、イギリス領だった時代に建てられた記念建造物だそうです。

このすぐ側にはムンバイの5つ星ホテル『タージマハルホテル』があり、そこも観光スポットとなっているようです。

タージマハルホテルとインド門

タージマハルホテルとインド門

 

私はちょうどこのホテルに泊まったのですが、その部屋からインド門が見えました!部屋にいる時にはよく窓からインド門を眺めたのですが、インド門には朝も夜も人がいましたよ!

この日はイベントで入れないようになっていました!レアなインド門

この日はイベントで入れないようになっていました!レアなインド門

 

こちらはインド門の入り口付近。

路上には観光客と物売りの人でごった返していました。

路上でフルーツやナッツを売る屋台

路上でフルーツやナッツを売る屋台

 

座ってシャボン玉を売るおばさん

座ってシャボン玉を売るおばさん

 

インド門の周りはひと・ヒト・人!!

インド門の周りはひと・ヒト・人!!

 

マリ○ ァナも売ってるよ~

インド門にはご覧のように沢山の人がいて、中には写真を撮って売る人もいます。もちろん「写真撮る?」と聞かれるのですが断ると「じゃマリ○ァ ナは?」と聞かれました。こんなにもフランクにマ ○フ ァナを勧めてくるのです。笑(もちろん断りましたが)

それだけでなく夜のガネーシャのお祭りを見に街を歩いていると、夫は通りすがりのインド人に顔をギリギリまで近づけて「マリ○ァナ」と言われたそうです。(女の私にはやってこなかったので一応配慮があるのかな…?)

押し売りとか、別のところに連れ去られるとか、そんなことはなかったので断ったり無視すればいいレベルだったので良かったですが…常に注意しておくことは必要かもしれません。

 

 

 

様々なムンバイ

ここまでも日本とは全くちがったムンバイという独特な写真や様子をお届けしましたが如何でしたか?ムンバイは道を歩いているだけでもハラハラドキドキできる街でした。

さて最後に忘れてはいけない、あの子たちの紹介です!

野犬、めっちゃいる!

インドにもいました、野犬!しかも街中で結構見かけました!(タイにもいましたがタイは田舎の方に多く、街中には殆どいなかった気が…)

ムンバイの野犬は街に溶け込んでいて、本当に多く見かけます。どの犬も中型犬くらいで賢そうなので、大人しくしている犬が殆どでした。

こちらは駅近くにゴロ寝していた犬。(インド人も野犬には慣れているようで踏まれないらしい。)

ムンバイの野犬

犬「ごろ~ん」

 

ホテルの周りにも結構いましたよ!

道を歩く犬

道を歩く犬

 

あと野良猫もたまに見かけました。

道端にいた野良猫

道端にいた野良猫

 

それとムンバイですごいのは鳥です!鳩の数がえげつない!鳥(特に鳩)は苦手な人も多いので、もし鳥の数を見たい方は、ホテルから撮った人が全然いないインド門の写真を見返してください。左下の集合体がすべて鳩です…

トロピカルな鳥もいます!

トロピカルな鳥もいます!

 

ムンバイの海は汚いけど海岸線が美しい

空港から街なかまでタクシーで向かうと必ず海岸沿いを通るのできっと美しい景色を見ることができると思います。 ムンバイの街は海沿いにあるので有名な『マリンドライブ』の他にも、海に浮かぶモスク周辺の海を眺めることができます。

長い海岸沿い『マリンドライブ』

長い海岸沿い

 

海の上に浮かぶモスク『ハジ・アリ』

海の上に浮かぶモスク『ハジ・アリ』

 

↓これは行きのタクシーの中からみたインドの夕暮れです。

https://www.instagram.com/p/Bp35rEDgnxq/

Instagram post by Natsumi. • Nov 7, 2018 at 9:05am UTC

 

 

 

 上から見たムンバイ

そしてこちらが飛行機から見えたムンバイの街。

緑と建物と湿気!日本のように湿気が多かったです。

日本みたいに湿気が多い!

日本みたいに湿気が多い!

 

上空から見たムンバイ

これがムンバイ

 

滑走路のすぐ側には家が…

滑走路のすぐ側には家が…

 

最後にインスタで友達になったムンバイ住みのインド人から送られてきた写真で終わりにしようと思います。

写真はポワイという地区。この写真の右も左もどちらも同じポワイだそうです。ムンバイの今の姿、貧富の差がハッキリわかる面白い写真です。

ムンバイの貧富の差(ポワイ地区)

ムンバイの貧富の差

左側の青いのはブルーシートです。インドの小さな家は屋根が壊れているのか、こんな風にブルーシートをかけている家が多いのです。

私はアジアで一番大きいといわれるムンバイのスラム『ダラヴィ』にも行ってきましたが…絶句でした。

その様子は別記事に書いているのでムンバイに行かれる方は是非読んでみてください!
 

 

 

以上、これがリアル・ムンバイでした!

如何でしたか? 日本と全く違うムンバイの写真でした。

実際に街を歩いていた時には常に「何かトラブルに合うんじゃないか…」と身を構えていましたが… 思っていたよりは安全(?)でした。

ムンバイにはインド中の観光客が集まるようで人も車もかなり多いのですが、その中にアジアの人は殆どおらず、すれ違うインド人に珍しそうにみられました。あの大きな目でじっと見られるので、たまに怖く思うときもありましたが…

実際はインド人はみんなチャーミングなのかもしれません。 「hellow!」と挨拶をしてくれた道端でクリケットをする大人や、「あなたは日本人ね!」と片言の日本語で話すおばちゃん、カフェで喋りかけてきた酔っ払いのグループ…本当はあまり見かけない日本人と話してみたかったのかもしれないなって帰ってきてから思いました。

怖いと思っていたけど実は面白い国、インド。

是非続きも読んでみてください!