TABI LOG タビログ

国内旅行・海外旅行・レジャー等の旅の記録。

tabilog_pc

インド旅行記④ムンバイのぼったくり観光地『エレファンタ島』に行ってきた!

 


 

インド・ムンバイ旅行を終えて早1カ月!

日本とは文化が違いすぎて色んな意味で面白かったインドを忘れないうちに書き残したいと思います!

今回ピックアップするのは…

エレファンタ島です!

エレファンタ島の遺跡

 

ムンバイの観光地と言えば世界遺産のエレファンタ島!

ムンバイは観光地がとても少ないです。

なのでムンバイの観光地として必ず上がるのがこのエレファンタ島!

なんと世界遺産にも登録されています!

ベルトラのようなツアーもあるのですが、エレファンタ島へはツアー無しでも簡単に行けました\(^o^)/

なので今回はエレファンタ島の行き方やエレファンタ島がどんな感じだったのかをまとめたいと思います!

これからムンバイへ行く方は是非チェックしてみてください*

インド旅行記④ムンバイのぼったくり観光地『エレファンタ島』に行ってきた!

 

 

 

エレファンタ島への行き方

今回はツアー無しの自力で行ってきました!こちらがエレファンタ島への行き方です!戸惑うことはあっても難しいことはありませんでしたので、これからムンバイへ行く方は是非自力で行って下さい!

↓こちらが行き方の概要です

インド門からエレファンタ島への行き方概要

 

インド門から船が出ています

出発地はムンバイのシンボル・インド門です!ここから船に乗ってエレファンタ島へ向かいます。

インド門入り口付近に船のチケット売り場がありますので、そこでチケットを購入します。

私たちはこの"SHREEKRISHNA MOTOR"でチケットを買いました↓

船のチケット売り場

 

船往復運賃 大人:200ルピー 子供:125ルピー

大人は200ルピー、日本円にして300円くらいでした。(※こちらは往復のチケットなのでエレファンタ島についても失くさないように保管してください)

大人は200ルピー(300円くらい)

チケットを購入したら港の近くまで歩いていきます。すると同じ色のチケットを持ったおじさんがチケットを回収して「船に乗れ」と合図してくれました。

↓こちらがチケットです!

船の往復チケット

 

船2Fへは追加で20ルピーかかります!

船には2Fもあるのですが、追加で20ルピーかかるようです。船の中の階段付近で直接支払います。

"2Fは暑い"とネットで見たので、私たちは2Fへ上がらず、1Fの椅子に座ることにしました。

 

インド門からエレファンタ島までは船で4〜50分くらい。結構長い!

船に乗ったらエレファンタ島へは4〜50分。結構長いです…。船酔いしやすい人は酔い止めを飲んだほうが良いかと思います。 エンジン付近やその後方の席は結構臭いがキツイので前方真ん中席がオススメです!先頭&先頭の海側の席は水しぶきがかなりかかりますよ!(わりとどこに座っても外れ席!笑)

観光地といえど船の中は殆どの人がインド人でした!

船の中の様子

 

 

 

エレファンタ島はこんな感じでした

エレファンタ島には主に遺跡やお土産屋さんがあります。

ちょっとしたレストランもありましたよ!

そして遺跡はこんな感じでした!

エレファンタ島に着いたらミニトレインに乗ろう!

エレファンタ島に到着したらミニトレインで島の中心部に行きました。一人10ルピーです。下船ポイントからエレファンタ島の中心部まで地味に距離があります。歩くと5~10分くらいです。インドは大体暑くて体力の消耗が激しいのでここはミニトレインに乗って正解でした◎

島の中心部につくとヤギがお出迎え!ここの島には動物がたくさんいました!

島のヤギ。色んな動物がいる!

 

こんな感じで島にはお土産屋さんが連なります。

島のお土産屋さん

 

インドには野良猫だけでなく野良犬も多いですが、この島にもいました!犬!(噛まれないようそっと見守る。)

島の野犬

 

島の入り口に着いたら長〜い階段を登ります

ミニトレインで島の入り口に着いたらブルーシートの張られた階段を上ります!

が、その前に!

入り口広場の右側、レストランの奥に公共のトイレがありましたので立ち寄りました。トイレ入り口の人に数ルピー支払って利用します。管理されているからか中はそこまで酷く汚くなかったです!そして人がいるのでちょっと安心!

エレファンタ島の公共のトイレ

 

お土産屋さんにぼったくられたのはええ、私です。

目を引かれるお土産屋さんが連なっていますが、基本的にかなりぼったくってきます!小さな象の置物も最初2000ルピーといわれ、値下げをしてもらって1500ルピーになりましたが、なんと街中のお土産屋さんで同じものが250ルピーで売っていました。笑 空港に置かれていた豪華な置物よりも高いです!(空港でも置物は1000ルピーくらいでした)

なのでここでは何も買わないことをオススメします!

お土産屋さんは基本的にぼったくり

 

 

 

遺跡観光料金は600ルピー

入り口に入る際に窓口があるのでそこでお金を支払ってレシート受け取ります。

一人600ルピー、約1000円弱です。

ちょっと高いなと思いません?

実は、インド人はかなり優遇されています…

遺跡観光料金もぼったくり?!インド人と外人の差、10倍以上…

んとインド人は40ルピー!100円以下で中に入れるのです! 

何!?この差!!笑

エレファンタ遺跡、観光料金

 

 

 

これがエレファンタ遺跡!

遺跡はこんな感じでした!

こちらが遺跡の入り口。

遺跡入り口

 

こちらのエレファンタ遺跡は世界遺産に登録されているほど状態も良いようです。

エレファンタ遺跡

 

とは言え、元々遺跡にはあまり関心がないので、これといった感動は…なかったかなぁ~…

それよりも観光料金でぼったくられた気になっちゃったので真っすぐな目で遺跡を見れないよ!笑

 

それよりも猿が可愛い!

遺跡はあまり楽しむことができなかったのですが、この遺跡の周りには可愛い猿が沢山います!小さくて尻尾の長い栗毛の猿です!

人間に慣れているので手を出さなければ猿も襲ってきたりはしません。が、食べ物を持っていると取られてしまいます。

食べ物をとられたインド人と猿が喧嘩していました。笑

こんなに近くまで寄ってきます!物欲しそうな顔でこちらを見ますが、何も与える素振りを見せなければ大丈夫でした!

食べ物を欲しがる猿

 

そして日本人に興味津々のインド人も寄ってきます。笑  インド人は何かを語りかけてきますが基本的にインド人の英語は聞き取り辛く何を言っているかわかりません。(ガンジーがどうのこうのと言っていたような…)

猿よりも日本人の方が珍しいようで、私たちの写真を撮っていかれました。笑

沢山の猿

 

下船後はしつこいツアーガイドに注意して下さい!

私達は下船後すぐに現地ツアーをしているという男性に絡まれました。「ツアーはいらない」と言えばガイド料も一人20ルピーとかなり下げてきます。ですが仮にツアーを頼んだとして本当に20ルピーで済むかは怪しいところです。かなりしぶとかったですが、最終的には諦めてもらいました。

もちろん彼に悪気はありませんし、英語もきちんと話せますのでちゃんとガイドをしてくれると思います。ですが、あそこでキッチリ断って正解だったと思います。ここまで読んでおわかりの通り、島全体的に外人に対する料金が異常だったからです!

彼にツアーを頼んだとしてこの島観光が格段に楽しくなったのかって考えてみても…微妙ですよね…笑

遺跡

 

遺跡やその周りは結構広く、ハイキングにもなる(カモ!)◎

遺跡は1つだけではなく、いくつかあったようです。道が奥の方まで続いていました。私たちは暑かったのと長い階段で疲れてしまったので奥までは進みませんでしたが、↓こんな感じで島の自然が広がっているので、ハイキングにはもってこいです◎

エレファンタ島の自然

 

 

 

感想:すごい感動はなかったけど暇つぶしにはなる。(あとお金がかかる)

以上、エレファンタ島はこんな感じでした!

船代と観光料だけでも800ルピー、約1300円くらいと所要時間3時間くらいはかかりました。

 他に観光したいところがないなら行ってみるのも良いかとは思いますが、わざわざ観光として行くほどでもないかな、とは思います。笑

ムンバイでしたらお金はかかってもスラム見学ツアーの方がオススメですよ~!笑

 

ツアーもあるけどすごく高いです!

因みに「自力で行くの面倒くさいな~」なんて方のためにツアーも調べてみましたが、唯一あったのがベルトラのエレファンタ島半日観光ツアー

$109(=約¥12000 !?)でした。笑

日本語ガイドも付いての値段なのでこんなもんっちゃこんなもんですが… 自力の方がオススメかなぁ~と。

エレファンタ石窟群 半日観光<ムンバイ発> | 西インドの観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

  

 

 

 

関連記事

  ① ムンバイの街並み写真全部お見せします!
  ② ムンバイのお店でご飯してみた!実際に入った3店舗を紹介!
  ③ チャトラパティシヴァージータミナス駅に行ってみた
  ④ ムンバイのぼったくり観光地『エレファンタ島』に行ってきた!
 \Next/ ⑤ アジア最大!インド(ムンバイ)のスラム街、ダラヴィに行ってきた
  ⑥ ムンバイの5つ星ホテル、タージマハルホテルに泊まってきた
  【番外編】インド人が嘘ついてなかったハナシ。笑
  ANAビジネスクラスでムンバイ(BOM)のGVKラウンジを利用しました!
  ANAビジネスクラス搭乗記(B787-9)!成田-ムンバイ往復