TABI LOG

国内旅行・海外旅行・レジャー等の旅の記録。

tabilog_pc

タイ旅行記③ワットアルン・ワットポーへ自力で行ってきた!行き方・入場料・服装を簡単解説!

 

 

はい皆さまコップンカー!

日本はまだまだ涼しい日が続きますが、タイは灼熱40度地獄でしたよ!!

40度ってどれくらいの暑さかと言うと、全身から汗を拭きだし、みるみる体力が奪われ口数は減り、髪の毛の繊維がしぬ!夏を越えている~!!

タイは4~5月が一番熱い時期なのだそうです!

そんな日に私たち家族は自力で公共の船に乗りワットアルン・ワットポーへ行ってきました!

今回はフォトショを駆使してバンコクの船や観光地をまとめた図解も作り、タイ旅行初めての人でも一発でわかるように画像多めでお送りします!

タイは公共の船がめっちゃ安い(50~70円!)ので、船の運賃だけだと往復でも48バーツ(150円前後)で行くことができます!

是非これを読む方もチャレンジしてみてください!

 

タイ旅行記③ワットアルン・ワットポーへ自力で行ってきた!行き方・入場料・服装を簡単解説!

 

 

ワットアルンへの行き方

ワットアルン・ワットポーはバンコク市内にある、バンコクの代表的な寺院です!

バンコク市内なので時間も多くかからず行けるのですが、移動は主に『船』!

バンコクの命の川、『チャオプラヤー川』を渡って行きますよ!これがバンコクらしくてとても楽しく、水辺を船で移動するのは涼しくて気持ちいいのです~

さてまずは船着き場への行き方です!

旅の始まり『サパーンタクシン駅』&『サトーン船着き場』!

代表的な船乗り場となっているのが『サトーン(Sathorn)』です。こちらのすぐ近くにバンコクのBTS(スカイトレイン)の駅『サパーンタクシン(SaphanTaksin)』があります。

まずはこの『サパーンタクシン』駅に向かってください!

『サパーンタクシン』駅の2番出口を出るとすぐ『サトーン』の船乗り場があります!

マップざっくりバンコクマップ&路線図

バンコクマップ ホテルロケーション

※地図をクリックして拡大できます!保存して現地でお役立てください!(間違いや内容が変わっていても責任は負いかねますのでご了承ください…)
※商用利用したい方は必ずこのページのリンクを貼ってください

 

チャオプラヤエクスプレス(公共の船)に乗って行く!

『サトーン』 に着いたら『チャオプラヤエクスプレス』という船に乗って『ワットアルン』行きます!

『チャオプラヤエクスプレス』とはバンコクの公共の船で13~32バーツ(45~112円)とめちゃくちゃ安いです!是非コレに乗って行きましょう!

 

・チャオプラヤエクスプレスは3種類の船がある!

この公共の船『チャオプラヤエクスプレス』には3種類あります。船の後方についている旗(フラグ)の色分けによって種類が決まっています。

ワットアルンへは『オレンジフラグ』か『イエローフラグ』に乗ればOK!時間帯にもよりますが、『イエローフラグ』の方が停船数が少なくサクッと着くのでオススメです!

フラグ オレンジフラグ  …各停の船
・時間 6:00~19:00
・料金 一律15バーツ(約52円)
フラグ イエローフラグ…特急の船(朝・晩のみ)
・時間 6:00~8:00, 17:00~20:00
・料金 一律20バーツ(約70円)
フラグ グリーンフラグ…快特の船(朝・夕のみ)
・時間 6:00~8:00, 16:00~18:00
・料金 距離で変動13~32バーツ(約45~112円)

  

・チャオプラヤエクスプレスの路線図

船の出発は赤ラインの『サトーン(Sathon)』です!『サトーン(Sathon)』から船に乗ります。

下記が『チャオプラヤエクスプレス(公共)』と『チャオプラヤツーリストボート(観光向け)』の路線図とどこに何があるかを図解したものです!拡大すると見やすいですよ◎!

旅先で見れるように保存して頂いてOKですが、情報が違っていても責任は負いかねます…スミマセン(※商用利用したい方は使っても構いませんが必ずこのページURLを載せてください。)

チャオプラヤエクスプレスの路線図

 

・『サトーン』船乗り場のチャオプラヤエクスプレスチケット購入場所

 『サトーン』についたら船のチケットを買います!(船の中で購入することもできます◎)

サトーンに着くと水色の服を着たチャオプラヤツーリストボート(観光向け)のスタッフに「こんにちは!」とか「どこ行きますか?」など日本語を巧みに操り猛烈に誘導されます!  チャオプラヤエクスプレスのチケット売り場がまるでわからないのですが…

↓ここです!ツーリストボートの看板がチャオプラヤエクスプレスの売り場を目立たなくさせていますが…ツーリストボートのチケット売り場までの道の途中にあります!

チャオプラヤエクスプレス チケット購入場所(サトーン・サパーンタクシン)

 

 分かりづらいのでもう一枚!↓ココです!

チャオプラヤエクスプレス チケット購入場所(サトーン・サパーンタクシン)

 

ここでチケットを買います。行き先を聞かれるので『ワットアルン』と言えば『オレンジフラグ』か『イエローフラグ』のチケットを売ってくれます!

私たちの時はすでに『イエローフラグ』の船が到着していたので、1人20バーツで買って乗り込みました! 

チャオプラヤエクスプレス チケット

 

・オレンジフラグボートかイエローフラグボートに乗る!

チャオプラヤエクスプレスのフラグは船の後方についています!

コレ↓を見て「ゴールドフラグとは…!?汗」となったのですが、これはイエローフラグだそうです! 念のため船に乗り込むスタッフにも「ワットアルン?」と聞きましたが『その質問百回以上聞いたわ!』と言わんばかりの「ア~~~イ!」を頂きました。笑 

イエローフラグだと3つ目の停船が『ワットアルン』で早くて良かったです◎!

チャオプラヤエクスプレスイエローフラグボート

 

 

チャオプラヤツーリストボート(HOP ON HOP OFF)でも行ける!

 因みに猛烈に誘導してくる水色スタッフの『チャオプラヤツーリストボート』でもワットアルンへ行くことができます◎! 

この『チャオプラヤツーリストボート』はチャオプラヤ川周辺の主要の観光地を回っているボートです!

『チャオプラヤツーリストボート』=主要の観光地を回る
・時間 9:30~17:30
・料金 一日180バーツ(約630円)

  

・『チャオプラヤツーリストボート』は高いだけあって激混みは避けられる◎!

 『チャオプラヤツーリストボート』は公共の船と比べて値段が高く、運航時間が短いですが、席数が多いです◎! そして高い分こちらの船のチケットを買う人が少ないのでほぼ確実に席に座って移動できるようです。なのでもし快適に移動したい場合はこちらを使うと良いかもしれません◎

しかもこの船ならアジアティークへもいけますよ~! (しかし運行時間が短い!)

チャオプラヤツーリストボート(HOP ON HOP OFF)

 

 

ワットアルンに到着したらお寺を観光しよう!

ボートだとワットアルンの真ん前に停まってくれるので降りるタイミングがかなり分かりやすいです!

ワットアルンの様子もご紹介します~!

ワットアルン 正面

 

ワットアルンの入場料・服装・営業時間

 まずはワットアルンの基本情報から!日本のお寺と違って服装の規制があるので激暑のタイとは言え服装は注意しなくてはいけません!

ワットアルンの営業時間:8:00~18:00

 チケット売り場は17:40に閉まるので注意!

ワットアルンの営業時間は8:00~18:00

  

ワットアルンの入場料は50バーツ

 ↓この茶色い建物がチケット売り場です!船を降りて真っすぐ歩くとすぐに見えてきます。50バーツ=約150~175円くらい!

ワットアルンの入場料は50バーツ

 

 服装はノースリーブ・足を出す・体のラインがハッキリするものはNG!

 ワットアルンは特に足が見えるとダメなようです!ワットポーが肩の見える服装がダメなので、トップスにも注意した方が良いです。TシャツはOK!タイパンツもOKです!

ワットアルン 服装注意点

 

ワットアルンはこんなところ!

 美しい仏塔が印象的なワットアルン。ワット=寺、アルン=暁、を意味するそうです。この塔が建った当初は16mしかなかったものの、ラーマ3世・4世が改修して今の75mの巨大塔になったのだとか!

ワットアルン 正面

 

見どころは寺の壁!外壁の装飾が美しい!

 遠くから見るとただの白い塔なのですが、近くで見るともの凄く細かい装飾がされているのがわかります!形だけでなくって色も鮮やかなのです!

ワットアルン本堂 高さ75m

 

 寄って見るとこんな感じ↓ これの装飾が一面にされているので驚き! この塔を支えているのはインドラ神ガルータ、猿神、など『ラーマキエン』に登場する神々だそうです!

ワットアルン 壁 神々

 

ワットアルンは2階に登れる!

そしてワットアルンは上まで階段が続くものの2階までは登ることができます。それ以上へは上がれません。とは言え2階でもまぁまぁな高さがありました!壁の柄が可愛い!

ワットアルン 登る

 

動物の像も可愛い!

 このワットアルンの階段付近には↓こんな動物の像があるのですが、どれも愛らしいお顔をしていて可愛い!

ワットアルン 銅像が可愛い

 

以上、ワットアルンでした!

 

ワットアルンからワットポーへの行き方

 ワットアルンを見た後にはワットポーへ行きます! この二つのお寺は川のすぐ側にあるのですが、ワットポーは反対岸なので渡し舟に乗って行きます!

昔はワットポーにも公共の船が着いたようなのですが、今は停まらないので…ワットアルンから渡し舟に乗るか、もしくはワットプラケオのある『ThaChang(ターチャン)』まで行って15分程歩く方法しかありません。

 

渡し船に乗ってターティアン(ThaTian)船着き場へ!

ワットアルンからは渡し舟にのってワットポーのある『ターティアン(ThaTian)』船着き場へ向かいます!

渡し舟の乗り方はとても簡単ですし、値段は4バーツ(約13円)と格安!

ですが初めてだと乗り場がちょっと分かりづらいかもしれません!

・渡し舟の場所はワットアルンを正面に見て一番右!

ワットアルンにはいくつか船着き場があり混乱するかと思いますが…

こうやってワットポー側からワットアルンを見た時に、渡し舟は一番右側の船着き場から出ています!(黄色丸あたり)なのでワットアルンにいる場合には一番左側へ目指してください!

ワットアルン船の場所

 

↓こちらがワットアルンの渡し舟船着き場です!ここからは渡し舟しか発着しませんので船で迷うことはないです◎ 

ワットアルン ワットポーへの渡し船入り口

 

・ワットアルン⇔ワットポーの渡し舟は片道4バーツ(12~14円くらい)!

↓この写真はターティアン船着き場(ワットポー側)ですが…ワットアルンもこんな感じになっています!4バーツ払って船を待ってください。 船は大体15分間隔くらいで出ています!

ワットアルン ワットポーへの渡し船 値段 運賃

 

 

ワットポーに到着したらお寺を観光しよう!

ワットアルン⇔ワットポーはすぐ近く!絶対に一緒に観光すべきです!タイにはお寺が数多くありますが、その中でもワットポーは見ごたえのあって私は大好きです!

ワットポー

 

ワットポーの入場料・服装・営業時間

 それではワットポーの基本情報です! 

船着き場からワットポーへの行き方

船着き場からワットポーへは5分もかからない程近いのですが、チケット売り場の場所で迷うかもしれませんので、一応画像を付けておきます!

①ワットポーの船着き場に着いたらお土産屋さんの通りを抜けて真っすぐ進む
②道路を渡ってさらに真っすぐ
③右手に入り口が見えてくるので入る
④入り口入ってすぐがチケット売り場!
ThaThian船着き場からワットポーへの行き方

 

ワットポーの営業時間は8:30~18:30

 ワットポーの中は結構広くて見る場所も多いので滞在時間は1時間は見積もっておくといいと思います!

ワットポーチケット売り場

 

ワットポーの入場料は200バーツ(ドリンクチケットが付いてくる!)

ワットポーの入場料は200バーツ(600~700円)とちょっとお高め!ですが、チケットにお水が貰えるドリンクチケットがついていますので必ず失くさないように!タイは暑いのでこのお水が結構有難いものなのです! 

ワットポー入場チケットとドリンクチケット

 

 

服装はノースリーブ・足を出す・体のラインがハッキリするものはNG!

 ワットポーでの服装はちょっと厳しめで体のラインが出るのもNGです!もし肩を出したり、体にフィットするものが着たい場合は大きめの羽織ものを持っていくと良いかもしれません!

ワットポー服装注意点

 

ワットポーはこんなところ!

 ワットポーは最古にして最大の敷地を誇る王室寺院!有名なのがこの黄金の涅槃像です↓!全長46m、高さ15mという巨大さ!穏やかなお顔をしています。これは見ごたえがある!!

ワットポー涅槃像

 

そしてもう一つ見るべきは足の裏!これは仏教の世界観を表す108の図がかかれているのだそうで、この見事な偏平足は悟りを開いたブッダの『超人の相』を表しているのだとか! 私も偏平足だぞって!

ワットポー 足の裏

 

 像もすごいですが、像を囲む周りの壁もすごいのです!みっちりと絵が描かれています!この柔らかい絵のタッチと色味が落ち着きます。

ワットポー 壁画

 

何てことない壁の柄も色使いが可愛らしい!

ワットポー壁画

 

 108の煩悩を捨ててこよう!

 ワットポーでは見るだけではなくて、しなくちゃいけないこともあります!

涅槃像の裏には煩悩を捨てる108の鉢が並んでいます。この鉢にコインを一枚ずつ入れていくと煩悩がなくなると言われているそうです!

まずは20バーツでコインを買います↓

ワットポー 煩悩コイン

 

 こんな風に一鉢に一枚、コインを入れて歩きます。 さぁ煩悩を捨てる時!心を無にして進みましょう!

「(無)………(序盤にして無を忘れる)………お金持ち、お金持ち、お金持ちお金持ち!ブッダよ我をお金持ちにすべし!なむなむ!」

ワットポー 煩悩コイン

  

・チケットについてる半券でお水が貰える!

 涅槃像を見学して、108の捨てきれぬ煩悩にあがいた後は、暑さでヘロヘロになっているはず!ドリンクチケットとお水を交換します!

ワットポー 無料の水

 

 お水がある場所は涅槃像がある建物を出て、左奥です!水色のテントのところです!

ワットポー 水の場所

 

この奥の建物が涅槃像の建物、こう見た時に丁度右手にドリンク引き換え場所がありますよ! 

ワットポー 寺

この日は本当に暑くてワットアルンとワットポーを見ただけで体力に限界が来たので、本堂やその他まで周りきれませんでした!ここは涅槃像だけでなく、色んな展示物もあるようなので、元気がある人は周ってみると良いと思います!

  

ワットポーの境内にマッサージもあるけれど値段が高い!

境内の中にマッサージ屋が2ヶ所あります!マッサージ学校の学生たちのマッサージが受けれるのです!が!!ココのマッサージは高いです!

コースによっても違うのですが30分260バーツ、足マッサージ1時間420バーツ等です!

これは高い!街中でもっと良い値段でマッサージを受けれますし、オレンジフラグボートで激安マッサージ街にも行けるのでそちらの方がオススメです!(行き方は最後に!)

 

 

帰りはワットアルンから船に乗る!

ワットポーから歩いて10分程のところにワットプラケオ(王宮)がありますので、そちらに行くのも有りです◎!ワットプラケオからだと、近くに『ターチャン(ThaChang)』船着き場があり、チャオプラヤエクスプレスの『オレンジフラグ』と『グリーンフラグ』のボートに乗れるのでそちらからでも帰ることができます!

私はワットプラケオには寄らず来た道で帰りましたが、船乗り場がわかりにくいのでそちらを記載して終わりにします!

帰る前にターティアン船着き場(ワットポー側の船着き場)でタイパンツをゲット!

 渡し舟の船着き場付近にはお土産屋さんが連なっています。そこのタイパンツ屋さんが種類豊富で安いです!もしタイパンツをゲットしたいならここがオススメです!サイズはフリーサイズ(大きめ大人サイズ)とMサイズ(小さめ子供サイズ)があります。タイパンツの形もスタンダードなパンツスタイルから巻きスカート風なのと色々ありますよ!ただしタイパンツはどこも安い代わりに耐久性は弱く、特に男性は股部分が裂けやすいみたいです…笑

ターチャン船着き場 お土産 タイパンツ

 

 

チャオプラヤエクスプレスの船乗り場はワットアルンを正面に見て一番左側!

ワットポーからワットアルンまでは来た時と同じように渡し舟に乗ってください!

帰りのボートの乗り場ですが、ワットポー側から見ると、オレンジ丸あたりの一番左端です!(来た時は真ん中辺りに降ろされます) 

左の壁沿いに船乗り場あるので渡り船から降りたらそこまで歩いてください!

船の場所はワットアルンを正面に見て一番左側!

 

・壁沿いの角辺りにチャオプラヤエクスプレスのスタッフがいます!

 そこまで行くと角辺りにチャオプラヤエクスプレスのスタッフが待機しています!この方からチケットを買ってください!(もしくは船の中でも購入できますが、船のスタッフは結構イライラしていることが多いです…笑)

↓こんな感じの制服を着ていますよ!

ワットアルン チャオプラヤエクスプレス チケット売り場

 

・オレンジかイエローフラグのボートに乗って『サトーン(サパーンタクシン)』へ帰る!

フラグの付いた船に乗れば『サトーン(サパーンタクシン)』へ帰ることができます!時間とタイミングにもよりますが、イエローだと特急なので早く着いて便利です◎!このボートは必ず混んでいるので、オレンジだと激混み&時間もちょっとかかるのでしんどいかもしれません…!

ワットアルン サトーン(サパーンタクシン) チャオプラヤエクスプレス

 

 

オレンジフラグボートだと『サトーン』の次に停まるのが激安マッサージ街!

オレンジフラグボートだと『サトーン』まで15~20分くらいかかるのですが…『サトーン』の次の停船、『ワットウォラチャンヤワート(WatWorachanyawas)』で降りるとすぐそこが激安マッサージ街です! "街"と言うよりは"寺"なのですが…!とにかく激安マッサージ店が密集しているのです!

私はそこの川が見えるロケーションが最高なマッサージ屋で1時間100バーツのマッサージを受けてきました!めっちゃ安いので是非!

www.tabilog723.com

 

 

以上、ワットアルン・ワットポーへの行き方等でした!

有名なこの2つのお寺はバンコク市内なので初めてでも簡単に自力で周ることができるので是非チャレンジしてみてください!船の運賃だけだと往復でも48バーツ(150円前後)なので本当に安く済ますことができました!

体力に自信のない人はツアーで行くのも有り◎!

タイの暑さとお寺の人込み、更にお寺は結構広いので、私たち30歳でも結構きつかったので… 体力に自信のない人はツアーを予約しちゃうのもオススメです!

それなりに値段はしますが、↓これなんかだと、ワットアルン・ワットポー・ワットプラケオ(王宮)、さらに今タイで流行りのフォトジェニックスポット『ワットパクナム』にパッタイランチと、鉄道市場ナイトマーケットがついています!

ツアーならではの満載感とタイの流行りを追っている感じが良いですね…!

 

>>タイ旅行記

  ①空港から市内ホテルへのタクシーの乗り方とボッタクられるどころか相場よりも安乗りしたハナシ
  ②バンコクでオススメの川近ホテル!2度目のチャトリウムホテルリバーサイドバンコク宿泊記
  ③ワットアルン・ワットポーへ自力で行ってきた!行き方・入場料・服装を簡単解説!
  \Next/④バンコクで最安値!? 激安マッサージ街へ行ってきた!チップと値段は…?
  ⑤ タイ現地ツアーでメークロン市場・水上マーケット・象乗り・アユタヤ遺跡を観光してきた!
  ⑥タイのおいしいローカル飯『ムーガタ』を食べてきたよ!
  ⑦カリプソキャバレーでニューハーフショーを見てきたよ!写真や動画を大公開!
  ⑧アジアティークへの行き方や園内地図、オススメのお土産・グルメ・レストランを紹介!
  【番外編】タイの基本情報・バンコクのオススメ観光地・旅の必需品まとめ