TABI LOG

国内旅行・海外旅行・レジャー等の旅の記録。

tabilog_pc

コタキナバル旅行記②サピ島&マヌカン島へ自力で行ってきた

 

マレーシアでもコタキナバルを選んだ理由は…

 海 !!!!

綺麗なビーチでのんびりして、綺麗な海で遊びたかったのです!

ってことで島遊びに行ってきました~\(^o^)/

サピ島&マヌカン島へ自力で行ってきた

 

ジェッセルトンポイント(船着場)から船に乗ってサピ島&マヌカン島へ!

今回はツアー等を予約せずに自力で行きました!というのも、自力でも迷わず行けて、ツアーと比べると格安で遊べるってネットに書いてあったから!(これは本当でした!)

まずはホテルからタクシーに乗ってジェッセルトンポイントまで行きました。コタキナバルは割とコンパクトな街なので、ホテルからは約7~10分くらいでした。(とはいえ歩くにはちょっと遠いです)

こちらがジェッセルトンポイント!

ジェッセルトンポイントからサピ島への船に乗る

ジェッセルトンポイントから船が出ます

ジェッセルトンポイントでチケットを買うよ~(どこで買ったらいいかわからないよ~)

ジェッセルトンポイントのゲートをくぐり右側の建物に中に入ると色んな船の会社が並んでいます。ここの中から好きな船の会社を選んでチケットを買うだけです。

…とはいえ、ここも客引きがすごいのとどこから選んでいいのか全く分からずタジタジに!! 結果一番優しそうなお姉さんがいるところに行きました。笑

お姉さんに行きたい島の名前を伝え、料金を支払います。

私はサピ島とマヌカン島の2つを選びました。詳しい金額を忘れてしまったのですが、どこの船会社を選んでも大体20~30MYRのようです。

こちらとは別に島での入島料があることもこの時教えてくれました。

船代はざっくり20~30MYR(=余裕の1000円以下!) 往復の船のチケットは帰りまで忘れず取っておくことが大事(何故なら乗ってきた船会社の名前を忘れてしまうから←)
 
 
 
View this post on Instagram

旅行会社と島を選んで船に乗せてもらう。 Jesselton Point.

Natsumi.さん(@natsumi.530)がシェアした投稿 -

 

船に乗ってサピ島へ!

チケットを購入したらベンチで待ちます。船に乗る人がある程度集まるまで待つようです。そして急に現れた少年に連れられて船に向かいます。(初見なのにお客の顔を知っている不思議。笑)

すぐそこが船着き場になっていました。ライフジャケットを着て船に乗り込みます。

わっくわくの船の旅が出向です!!(すごい早さ、そして波の上のバウンド、約20分!)

船酔いする人は酔い止めを!そして濡れてもいいような服で!

 

島についたら入島料を払うよ~(10MYR = 260円くらい)

到着したら入り口で入島料を払います。私が行ったときは10MYR=約260円でした。(※2016年時点)

この入島料はどこの島でもかかるようです。私は2つの島へ行ったので合計20MYR。船代と合わせても50MYR=1200円弱でした!やっすい!!

ここがサピ島!シュノーケルやアクティビティで有名!

ここがサピ島!シュノーケルやアクティビティで有名!

 

ここがサピ島!シュノーケルをして遊んだよ~

 サピ島にはお魚が沢山いてシュノーケルをしなくても水面から魚を見ることができました! こちら↓は桟橋からお魚たちです。

サピ島の海と魚

お魚いっぱい!!エメラルドグリーンの海!!

島には遊具をレンタルしているお店がありました。いくらか忘れてしまったのですが、そこでシュノーケリングセットを借りて海に入りましたよ!

まずはわんさか集まってくるお魚に餌をあげました!(ジェッセルトンポイントのお店で魚の餌が売ってた)

すると速攻で島の人に「餌はあげちゃダメ!」って怒られました… う、売ってたからあげたのに~!

その後は外国の少年と浅瀬を泳ぐ稚魚を捕まえたり、魚に足をかまれたり(足を噛む魚すら可愛い)、結構遊べましたよ!

 
 
 
View this post on Instagram

エメラルドグリーンの海

Natsumi.さん(@natsumi.530)がシェアした投稿 -

ですが一つモヤっとポイントをあげるとすると、海の中からみるとそこまで透明度は高くなかったです。もちろん透明は透明なのですが…すっごく透明ではなかった。そしてお魚の種類も豊富ではなかったです。

シュノーケルでお魚と遊べる、遊べるのだが…それを目的として来た人はちょっぴりガッカリしてしまうかも…?

"グアムのプライベートビーチの透明度&魚の種類には劣る"といった感じでしょうか。

※ベルトラツアーの感想を読んでいたら「奥にはサンゴ礁もあってカクレクマノミ等の色んな魚がいた」とコメントがあったので、もしかしたら泳いでいたポイントが悪かったのかもしれません。 

 

島のトカゲはただのトカゲじゃねえぜ

さてひとしきり遊んだあと、木陰で休憩していると島のおっちゃんが私達に向かって「トカゲ!」と言ってきました。そう、ハッキリと「TO KA GE !!」と言ったのです。笑 (マレーシアの人たちたまに日本語の単語を知っているのです。)

おっちゃんの指差す方を見ると大きめトカゲがのそのそ歩いていましたよ!

島の大トカゲの子供。

トカ… トカゲ!?!??

おっちゃん曰く「こいつぁ肉しか食べねぇ」だそうです。

この後にシャワーを浴びて休憩しましたが、その時にもっとでかいのを見ましたよ!動画でどうぞ!

 
 
 
View this post on Instagram

オオトカゲ!でっかい!

Natsumi.さん(@natsumi.530)がシェアした投稿 -

なんて大きさ!笑 あのちっちゃいトカゲもこれくらいになるんだろうなぁ~!

この子の名前は「オオトカゲ」というそうです。 海の方からのっそのっそと表れてレストランの方へ向かっていきました。肉を求めて…!

島にはなんでもあるよ~

島にはご飯や飲み物を売っている場所もありますし、無料のトイレ・シャワースペースもありました。もちろん島ベースの小汚さですが問題があるほどではありませんでしたよ!

 

マヌカン島はサピ島よりも大きい!

マヌカン島はサピ島と比べると随分大きかったです!

ですがシュノーケリングにはサピ島がオススメされることが多いようです。マヌカン島でもシュノーケリングセットを借りましたがあまり海に入った記憶が少ないので、その通りなのかもしれないです…

島全体的にはマヌカン島の方が大きいですし、ごはん屋さんも大きめ。

ですが!写真をほとんどとっていないです… こちら↓はマヌカン島入り口!

マヌカン島入り口

これがマヌカン島(の入り口)だよ!

 

帰りの船分かりにくすぎ…

帰りの船が分かりづらくてヒヤッヒヤしました!

というのも帰りの船は行きの船と違ってちょっと小さめ。そうなると当たり前に船の外観も違います。

船着き場につく船の数は多いけれど、どれが予約した船かわからない… そんな時はコレ! 会話!!

「 〇〇(船会社)??」って聞けばイエスかノーで答えてくれます。当たり前ですけど!日本にいたら全部お店の人やスタッフがやってくれますけど、海外はそうじゃないですからね~

乗ってきた船の会社を忘れないようにチケットは持っておくこと!

 

島遊びにかかった金額は??

 すいません、レンタル料とかご飯代とかを全く覚えていないのですが…

最低でもかかる金額は40~50MYR=約¥1300くらいということがわかりました!

船 20~30MYR
入島料 10MYR× 2島= 20MYR

★島遊び最低金額 50MYRくらい =約¥1300

因みに私たちはマリンスポーツはやってないです。ひたすらシュノーケリングセットで海に潜ったり、ビーチでボーっとしたりしていました。 

島はこうやってなんでもない時間を過ごすのが贅沢で好きだなぁ~

 

 ツアーで申し込むとどれくらい?

因みにツアーでこの2つの島を回ろうとすると、お迎え&お昼&ガイド付きで300MYR(=約7800円!)でした。た、高い… (サピ島オンリーでも240リンギット!)

でもお迎えやらガイドやらお昼やらがついているので、楽っちゃ楽なんだろうな~。

しかし!この2つの島へはご覧の通り自力でも行けましたので、是非これを読んでいる皆様にも船会社選びであたふたし、帰りの船でヒヤッヒヤして頂きたい!!!←

それが意外といい思い出にもなったりするものです\(^o^)/

 

楽しかったよありがとう!コタキナバルの島!自然!そして大トカゲ!

そんなこんなで自力で島へ行き、島を楽しむことができました!そして滞在中、2度島で遊びました\(^o^)/

さて、この後はジェッセルトンポイントから歩いてウォーターフロントへご飯を食べに行きました!そして赤い夕焼けを眺め、そこにいた子供たちと遊びました。

その様子は次回!!